Stand by me 描クえもん

今回は、「Stand by me 描クえもん」です。
amazonで物色していて見つけました。漫画家さんの物語です。描いているのは「佐藤秀峰 先生」でした。

おすすめマンガあらすじ

漫画家を目指し、連載漫画家のアシスタントをしている「 満賀描男(まんが かくお) 」が夢を現実にしていく物語です。読み進めていくと最初に連載した漫画が「魚猿」ってところで「ん???」となりました。これって佐藤先生のお話かな?と。

色々と面白おかしく脚色されていますが、多分佐藤先生の胸の内を表現した作品でしょう。とても面白く引き込まれる作品でした。

おすすめポイント

おすすめポイントはズバリ面白い!
物語の軸の部分は佐藤先生自身の今までの軌跡というところだと思いますが、色々と脚色してあり物語として面白く読めます。心なしか、マンガ週刊誌に連載していた当時よりも絵が綺麗な印象です。当時、尖っていた感情が丸く円熟したようなイメージでしょうか。昔の絵は少し癖が強かったイメージですが、この作品の絵は非常に洗礼された印象を受けました。面白いのでおすすめですよ!


Stand by me 描クえもん

漫画貧乏


漫画貧乏

今回はもう1つ。「漫画貧乏」です。
これは完全に「佐藤秀峰 先生」の自伝?ですね。漫画の部分よりもあとがき?文章で書いてるんですが、これが面白いというか今までの漫画家生活の経緯が細かく書いてあります。「なるほど、そういう内情だったのですね。」と読み進めました。その後半に電子書籍が出てきます。そういえばありましたね。「ブラックジャックによろしく」が無料で閲覧できるって。あまり気にしていなかったのですが、今回初めて「漫画 on Web」を知った次第です。

でも、この活動って新人の漫画家さんにとっては非常に有難いことですよね。
こういう活動は絶対に後々花開くと思います。今では電子書籍が広く普及し始めましたが、今後は更にデジタル需要が増えると思いますし、何よりも紙面でしか発表の場が与えられていなかった新人の間口が広くなるわけですから。

現在、アニメの主流になっているラノベ作家も様々な小説投稿サイトの出身者です。要するに今まで発表の場すら与えてもらえなかった人たちが自分自身で行動をし発表できる場が整うって事に価値があるわけです。人気が出れば改めて出版社から本として出版されたり版権ビジネスのノウハウはやはり出版社が強いと思いますからね。

現在、amazonなども含めて電子書籍から新人の発掘という流れが出来つつあります。おういう意味では佐藤秀峰先生は先見の明があったのでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の投稿とページ

おすすめアニメ!

  1. この素晴らしい世界に祝福を!

    おすすめアニメ!「この素晴らしい世界に祝福を!」

  2. おすすめアニメ:私、能力は平均値でって言ったよね!

  3. おすすめマンガ ネトラセ契約

    おすすめマンガ:ネトラセ契約

  4. Stand by me 描クえもん

    おすすめマンガ:Stand by me 描クえもん

  5. その着せ替え人形は恋をする

    おすすめマンガ:その着せ替え人形は恋をする

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。